症状からわかる更年期障害~治療法について知ろう~

笑顔のドクター

閉経期の不定愁訴

男性医師と女性医師

ホルモンバランスの乱れ

更年期とは、女性では月経が止まる前後の時期を意味します。閉経の平均年齢が51歳といわれていますので、その前後、45歳頃から55歳頃までと考えられます。この時期は卵巣機能が衰え生殖期が終わりを迎えます。卵巣からのエストロゲンの分泌が減少してくると、脳の視床下部は卵胞刺激ホルモンを分泌してエストロゲンを分泌するよう促します。しかし、卵巣はそれに応じることができないためホルモンバランスの乱れがおき、自律神経失調症や精神症状をきたします。多かれ少なかれ、更年期には心身の変化を誰もが感じるものですが、その程度がひどく日常生活をおくるのにも支障が出るようになったものを更年期障害と呼びます。更年期障害の主な原因はホルモンバランスの乱れですが、それだけではなくその時期は子どもの独立、自分や配偶者の退職、親の介護など生活に大きな変化が起きる時でもあり、それらのストレスが影響することも考えられます。

自律神経失調症と精神症状

更年期障害の代表的なものはホットフラッシュ(身体のほてり、のぼせ)とスウェッティング(大量の汗)です。これらは閉経期の女性の50%〜80%に見られ、数年程度続きます。それ以外では肩こり、腰痛、手足のしびれ、乳房の痛み、倦怠感、頭重感など多彩な症状があります。精神症状としては、いらいら、不安、抑うつ、不眠、眠気なども見られ、これらが複雑に重なり合ってとらえどころの難しい不定愁訴となります。更年期障害は、ほとんど気にならず軽くすんでしまう人もあれば、寝込んでしまうほどひどくなる人もあります。更年期障害はまだ卵巣の活動が残っている時期に出る症状であり、卵巣の機能が完全に停止して身体全体がその状態に慣れてくれば治まると考えられています。しかし、症状がひどく生活に支障をきたしているのであれば治療によって症状を軽減させます。まずは生活環境、生活習慣を見直して改善をはかりますが、症状に応じてホルモン補充療法をおこなう場合もあります。